会社が30代前半の転職者を求める背景と考え|30代の転職を成功させる5つの魔法【30代の転職完全ガイド】

会社が30代前半の転職者を求める背景と考え

景気回復の兆しとともに、有効求人倍率も上昇傾向にあります。新卒者の採用が増えるとともに、中途採用も増えています。バブル崩壊後の景気低迷期に採用を控えたことによる人員構成の不均衡を解消するため、会社は中堅層を補強する狙いがあります。

会社が30代前半の転職者に対して期待すること

30代前半の人間に求められるのは、何よりも即戦力性です。この年代は、既に10年前後のキャリアを有していますので、何もできない新卒者と一緒のスキルや気持ちだけでは採用されません。現場の人間として、専門知識やスキル、実績などの即戦力性が最も求められます。そして、近い将来には中堅管理職として、徐々にマネジメント能力が求められる年代でもありますので、プロジェクトチームなどで一定のマネジメント的な役割を経験しているとプラスになります。会社の側も、業績回復による新規事業参入、業績拡大に向けての即戦力人材の補強など、採用対象が広がっていますので、自分の経験をアピールすることが重要です。

転職先の会社で貢献できることの洗い出し

ただ単に転職するだけではなく、それを成功裡に終わらせなければ意味がありません。そのためには、まず年収アップを期待できる企業か見極める必要があります。これから伸びる業界なのか、昇給、昇格見直しのタイミングの仕組みやインセンティブ制度などの要素を確認しておくことが必要です。そして、一番重要なのは、自分の市場価値を把握できているかです。自分のキャリアについて、専門知識、スキル、経験、人脈などの棚卸しをしてみることが第一です。これを基に、自分が考えている会社で、どんな分野で働いて、どんな貢献ができるかを考えなければなりません。会社に対して、何ができるかの観点から考えることが重要です。

在職中、退職後の転職活動のいずれかの選択

転職活動を、在職したままやるか、退職後に行うかという大きな問題があります。現状の業務を抱えたままで、転職活動を行うことはけっこう大変ですが、退職後の転職活動はあまりにもリスクが大きすぎます。職歴に空白期間が生じることもありません。空白期間が長ければ長いほど、その間採用されなかったことを意味しますし、せっかくのスキルや専門知識を活かせるメリットが失われかねません。また、何よりも収入について心配する必要がないことが大きいです。雇用保険などを受給することは可能かもしれませんが、収入がない状態で生活を支えるのは相当に厳しいです。

まとめ

転職は、人生の転機であり、大きなチャンスにつながる可能性があることは間違いありません。しかしその反面、成功するにしてもかなりのリスクを負うことも間違いありません。自分なりに転職についてリスクヘッジをしておくことが肝要です。

オススメ記事

type転職エージェント

転職を考えている人はtype転職エージェントを試してみてはいかがでしょうか。この会社は、希望する職種別に検索することができるのはもちろんの事、中々歳を重ねると共に難しくなる女性の転職先を別に掲載しているのも特徴です。

マイナビエージェント

言わずと知れたマイナビエージェントで転職活動を成功させましょう。自分の希望する職種を選択できつつ、相手との条件交渉ができるのも便利なポイントですね。平均年収ランキングなどの情報量が多いところも魅力の一つです。