30代で転職を成功させる方法の一つである資格取得|30代の転職を成功させる5つの魔法【30代の転職完全ガイド】

30代で転職を成功させる方法の一つである資格取得

景気が復調する兆しに伴って、有効求人倍率が上昇しています。このため、転職市場も活性化しています。就職氷河期に就職した人間は、不本意な仕事をしている人も多く、潜在的に転職を希望する人が多くいます。転職を成功裡に終わらせるためには、資格を取得することも一つの方法です。

30代で転職するためにアピールすべきこと

30代は、もし新卒入社であったならば、入社後8年以上のキャリアを積んでいますので、いわゆる中堅どころです。その会社や業界の動向にも精通していますので、30代で同じ業種への転身を目指すのであれば、会社側も即戦力として評価してくれますので、有利に作用します。しかし、未経験の業種となると難易度が高くなります。覚えなくてはいけないことがたくさんあることも然りですが、これまでの成功体験や知識や手法に捕らわれて、発想の独創性がない可能性があります。一方で、異業種の経験を活用できるかもしれないという強みもありますが、非常に不確定要素が強くなります。異業種に対するチャレンジ精神やこれまでに培ったキャリアを新しい会社でどう活かせるのかをアピールする必要があります。

転職においてアピールできる資格

転職の裏付けとなるものの一つに資格があります。質の高い人材を採用するスタンスの会社であったり、資格の取得がその業界で働く必須要件であるならば、転職活動前に資格を取得しておくとアピールポイントになります。募集者が多い中で、書類審査の段階で目立たせるためにも、資格を取得しておくことは有用で、難易度が高い資格であればあるほど、アピール度は高くなります。まったくの経験がない仕事に就きたいのであれば、その仕事に役に立つ資格を有している方が、成功する確率は高くなります。ただ、その取得にはかなりの労力を要することも忘れてはいけません。

30代の転職に当たって考えるべきこと

転身を考えるのであれば、将来のキャリア計画を明確にするとともに、それが未経験の仕事であるのであれば1日でも早く転職活動を進めることが重要です。30代は、仕事について知識やスキルを有していますので、即戦力になることから、雇用市場においても人気があります。しかし、未経験の仕事を目指すのであれば、その難易度は高く、年齢が高くなればなるほど厳しくなっていくことを念頭におかなければなりません。これに備えて、あらかじめ新しい仕事で役に立つ資格を取得しておくことが重要です。本当に業種を変えたいのか、なぜ未経験の業種にチャレンジしたいのか、今の仕事のどこに不満があるのかを分析することで、自分の将来像と必要なことを考えることができます。

まとめ

30代で仕事を変えることには、なかなか厳しいものがあるのが現実です。希望する会社が期待していること、自分がその期待に対して応えることができるのかを分析すれば、会社と自分の需給をマッチさせることができます。会社の分析と自己分析を行うことが必要不可欠です。

オススメ記事

type転職エージェント

転職を考えている人はtype転職エージェントを試してみてはいかがでしょうか。この会社は、希望する職種別に検索することができるのはもちろんの事、中々歳を重ねると共に難しくなる女性の転職先を別に掲載しているのも特徴です。

マイナビエージェント

言わずと知れたマイナビエージェントで転職活動を成功させましょう。自分の希望する職種を選択できつつ、相手との条件交渉ができるのも便利なポイントですね。平均年収ランキングなどの情報量が多いところも魅力の一つです。