どうして転職サイトを活用した募集が行われるのか|30代の転職を成功させる5つの魔法【30代の転職完全ガイド】

どうして転職サイトを活用した募集が行われるのか

求人を出している企業に応募し、書類選考や面接を受けるというのが転職活動の基本です。インターネットが普及した現代で転職サイトを活用する企業が増えており、ここではなぜWEB上で頻繁に募集が行われているのかについて紹介しています。

WEB履歴書といわれる応募フォームとは

かつての転職活動といえば、ハローワークや新聞、求人情報誌から自分の希望に合う中途採用の求人広告を見つけ、履歴書や職務経歴書を送付して応募するという方法がほとんどでした。もちろん現在でもこの方法を採用している企業は多くありますが、都心部ではとくにインターネットを活用した方法がメインになりつつあります。特に活発に利用されているのが転職サイトで、求人情報を提供する転職サイトがサイト上にWEB履歴書を設定しています。応募者はそのフォームに必要事項を入力して、サイト経由でWEB履歴書を送信して応募する仕組みです。

企業はなぜWEB履歴書を活用するのか

中途採用を行う企業の多くがインターネット上のWEB履歴書を活用していますが、これはどうしてでしょうか。それには、主に二つの理由があるとされていて、一つはデータ化された応募書類のほうが管理が楽なためです。一つの会社の求人に対して、その会社に送られてくる応募書類の数は3桁の場合も少なくありません。大量の書類を紙ベースで管理・保管するのはデータ化されたものに比べコストや手間が多くかかりますので、転職サイトのWEB履歴書が活用されるようになりました。もう一つの理由は選考の効率化です。会社のニーズにマッチした人材でありながら人の作業では読み落とすこともあります。データ化されたものはキーワードで検索できるので絞り込みがしやすくなっています

自分で選考に通過する確率を下げないように

WEB履歴書は紙版の履歴書に比べて入力項目と文字量が多いのが特徴です。転職サイトによって形式は異なりますが、たとえば職務経歴欄の1社についての記述が最大2000字まで、自己PRや志望動機は最大800文字までなどとなっているものもあります。これはできるだけ多くの情報を入力してもらうことによって、企業側が検索による絞り込みをしやすくするため、という目的が関係しています。最大2000文字、最大800文字などの場合、必ずその文字数で埋めなければいけないというわけではないですが、必要最低限の上方しかないよ検索にひっかかる、つまり選考を通過する確率も低くなるということを理解しておくことが大事です。

まとめ

企業が転職サイトのWEB履歴書を活用するのは選考の効率化のためとデータの管理のしやすさという理由があります。紙ベースと違い、効率化をはかるため検索でふるいにかけられるということをよく理解して、ニーズにあったキーワードを盛り込んだ履歴書を作成することも大事です。

オススメ記事

type転職エージェント

転職を考えている人はtype転職エージェントを試してみてはいかがでしょうか。この会社は、希望する職種別に検索することができるのはもちろんの事、中々歳を重ねると共に難しくなる女性の転職先を別に掲載しているのも特徴です。

マイナビエージェント

言わずと知れたマイナビエージェントで転職活動を成功させましょう。自分の希望する職種を選択できつつ、相手との条件交渉ができるのも便利なポイントですね。平均年収ランキングなどの情報量が多いところも魅力の一つです。