転職を成功させるための自己PRは企業のニーズがカギ|30代の転職を成功させる5つの魔法【30代の転職完全ガイド】

転職を成功させるための自己PRは企業のニーズがカギ

自分のアピールポイントまとまっていれば、履歴書や職務経歴書はぐんと書きやすくなります。しかしながら、アピールポイントがわからないという人も多いです。ここでは自己PRできるような内容をどうやって見つけたらいいのかについてまとめています。

企業のニーズに合致しているものを選ぶ

履歴書や職務経歴書で自己PRすべきポイントは、企業のニーズにマッチした部分です。よって、転職時の自己PRは企業のニーズによって決定します。求人広告で企業のニーズを把握したら、そこに合致する部分を過去の経験やスキル等から探し出していけば問題ないでしょう。たとえば、求人広告に明るい対応ができる方と書いてあれば、過去にお客様や社内の人に対して明るく対応できた経験はなかったかを考えたり、あるいは自分の対応によって上司やお客様に褒められた経験がなかったかを書き出していく作業が必要です。仕事に関することでなくても、内容が結び付けられそうな経験であれば書きとめておきます。

いきなり自己PRがどこか考えると失敗する

自己PRすべきことを探す方法としては、これまでの仕事に関する経験をすべて棚卸しし、その中から企業のニーズに合うものを拾い出すという方法もあります。しかし過去のことは案外忘れていることも多いですから、最初から自己PRできることを探そうとすると、うまく見つからないケースがほとんどです。この時、過去の経験を掘り起こしていくのに一つのきっかけとなるのが求人広告です。求人広告は、端から端まで注意深く読みこむことを忘れないよいようにしましょう。なぜなら、そこに書かれているニーズは決して一つではないからです。

アピールポイントが見つからなかったら

未経験分野に転職を希望する場合、企業のニーズに合った自己PRのポイントが見つからないということがあります。この場合、もしまだ会社に勤務している段階で転職を考えているのなら、今の職場でアピールとなるような経験をこれから積むことを優先し、求人に応募するのはその後でも遅くないでしょう。応募したいと考える会社で求められているのは、現在の勤務先で求められていることと共通しているものも少なくありません。それを探し出して具体的な行動を起こしてみることが大事です。その結果、現在の会社で評価を受け、それが次の転職に有利に働くということも少なくありません。

まとめ

自分のアピールポイントを探すには、求人広告をくまなく読み把握した企業のニーズをもとに自己PRポイントを掘り起こすことが大事です。今の時点で合致するものがない場合は、一度転職自体を延期し、応募先と現在の勤務先で共通して求められているものを評価されるほど磨き上げてから再挑戦することも考えてみましょう。それが転職を成功させる秘訣です。

オススメ記事

type転職エージェント

転職を考えている人はtype転職エージェントを試してみてはいかがでしょうか。この会社は、希望する職種別に検索することができるのはもちろんの事、中々歳を重ねると共に難しくなる女性の転職先を別に掲載しているのも特徴です。

マイナビエージェント

言わずと知れたマイナビエージェントで転職活動を成功させましょう。自分の希望する職種を選択できつつ、相手との条件交渉ができるのも便利なポイントですね。平均年収ランキングなどの情報量が多いところも魅力の一つです。